交際クラブ(デートクラブ)を利用するとき、男性が必ず意識するべき点として「見た目」があります。このときの見た目はイケメンかどうかではなく、清潔感です。

これら清潔感の中の一つとして服装・ファッションがあります。女性はほぼ例外なく、ファッションに気を使っています。それだけでなく、細かい部分まで男性のファッションをチェックしています。

実際のところ、服装が少し違うだけで「交際クラブの利用でデートに誘ったとき、エッチまでいけるか」「食事後、次のデートの約束を取り付けることができるか」の成功率がまったくもって変わってきます。男性で服装を意識しない人は多いですが、それほどファッションは重要です。

デートクラブは利用料が高いため、見た目で美人女性を逃してしまうのはもったいないです。ただ、どのような服装にすればいいのか分からない人がほとんどです。そこで、どのような人であっても女性に受けるファッションについて解説していきます。

流行などは関係なく、すべて無視する

まず、大前提として私はアパレル関係の人間ではないですし、ファッションに対して一つも興味がありません。着る服は安い服で問題ないと考えており、このスタンスは中学生のころから変わっていません。

ただ、いまでは交際クラブに登録している多くの女性から「オシャレだね」といわれます。基本的にファッション知識はそこまで深くありませんが、それでもポイントさえ押さえれば女性から見ても清潔感のある見た目にすることができるのです。

アパレル業界では、その年によってトレンド(流行)があるようですが、私の場合はファッション関係への興味がゼロなのですべて無視しています。それでも、女性からオシャレといわれることは可能です。

では、どのような服装をすればいいのかについて、万人受けする男性ファッションについて確認していきます。

ピッチリした服を着る

モテる服装をするうえで必須となる条件として、「体型にあったピッタリの服を選ぶ」ことがあげられます。それでは、ピッタリとはいったいどういうことなのでしょうか。

あなたにとってピッタリの服とは、服を着たときにゆとりのないピッチリした服装のことを指します。つまり、小さめの服を着る必要があります。

例えば、私は身長170cmのやせ形です。この身長であれば、どのサイズの服を選ぶでしょうか。おそらく、多くの人はMサイズまたはLサイズの服を選ぶと思います。以前の私も普通にLサイズの服を選んで着ていました。

ただ、いまはどうかというとSSサイズの服を着ています。つまり、Sサイズよりもさらに下のサイズの服にしているのです。

SSサイズであっても、私の場合はやせ型だからかボタンは問題なくとめることができます。また、体を動かすのも不自由しません。ただ、Lサイズの服に比べるとゆとりがありません。このようにゆとりのないピッチリした服にすることが重要です。

大きめのサイズは幼稚な印象を与える

私はファッションに対してまったく興味がなく、それまでは完全に無頓着でした。ただ、女性にモテたいという気持ちだけは強かったです。そこで、アパレルショップの店員に聞いたり、周りの友達でオシャレな人に聞いたりして共通したことは「必ずピッチリした服を選ぶべき」だということです。

これには当然ながら、理由があります。それは、ゆとりのある大きい服装は幼稚な印象を女性に与えてしまうからです。

実際、あなたが小学生のときはどのようにして服を選んでもらっていたでしょうか。おそらく、「将来は背が高くなるので、大きいサイズの服を買おう」と親にいわれ、ひとまわり大きいサイズの服を着ていたと思います。

これは全員が行っていることですが、こうしたことから自分の体よりも大きいサイズの服を着ている男性はそれだけで、女性に対して幼稚なイメージを与えてしまうのです。

例えば、以下は私が昔に着ていたダボダボのズボン(黒色のズボン)といま着ているピッチリしたズボン(白色のズボン)を重ねた写真です。見てわかる通り、明らかに黒色のズボンの方がサイズは大きいです。

実際にこの黒色ズボンと、かつて着ていたLサイズの服を合わせると、以下のようになります。

これでも悪いことはないですが、やはりサイズが非常に大きくダボッとしています。

そこで、上下の服をサイズピッタリに合わせるようにします。すると、以下のようになります。

このように見比べると、素人の目線からみてもピッチリした服装になったことが分かります。体のシルエットがわかるほどピッチリした服を着ることがオシャレの第一歩です。

むしろ、このオシャレになる条件を外してしまえば、どれだけ高価な服を着たとしてもダサくなります。サイズに合ったピッタリの服を着ることは、自分をよく見せるために必須となります。

私と同じようにやせ型の人であれば、SSサイズかSサイズの服を着るようにしましょう。少し太っている人であれば、それに合わせて服のサイズを大きくするといいです。

もちろん、ファストファッションの安い服で問題ありません。重要なのは、自分のサイズに合った服かどうかという点です。いまでは、夏服から冬服のコートに至るまで、私は必ずSSサイズまたはSサイズを購入しています。

プリントTシャツはすべて捨てる

サイズについて理解したら、次のステップとして「上に着る服」があげられます。多くの男性はプリントTシャツを着ていますが、これはダサいのですべて捨てましょう。

いまでこそ、女性から「オシャレですね」といわれる身なので偉そうにいっていますが、私もかつてはプリントTシャツを着ていました。例えば、以下のような感じです。

ちなみに、このプリントTシャツのサイズはもちろんLサイズです。そして、変な英語や絵柄があるのでダサくて、いまではまったく着られません。

そこで、いま着るのは以下のような襟付きの長袖シャツだけにしています。

写真を見てわかる通り、どれもシンプルなデザインであることがわかります。白色、青色、紺色、グレーなど上下とも基本的な色のシャツとズボンを揃え、それらを組み合わせて着ているだけです。それでも、女性からオシャレだねといわれることが多いです。

私はデートクラブを通じて女子大生からCA(キャビンアテンダント)までさまざまな女性と会っていますが、そうした人から非常に好評を得ているのです。かつて、ダボダボの服を着ていたときでは考えられないほどの進歩です。

もちろん、春夏秋冬で組み合わせを変えるなどのようなことはしていません。単にシンプルでピッタリの服を着ているというだけです。ファッション雑誌はまったく読んでいませんが、それでも問題ありません。

こうした事実から、「ファッションに最新や流行なものは必要なく、サイズにあったものさえ着ればいい」ことがわかります。

なお、長袖シャツだけを揃えるとなると、夏はどうするのかという疑問が生まれます。ただ、襟をまくればいいだけなので問題ありません。

長袖シャツであれば、夏であっても冬であっても問題なく活用できます。例えば、以下のようになります。

ここまでのアドバイスは「小さめのピッチリした上下の服を着る」「プリントTシャツをすべて捨て、シンプルな長袖シャツだけにする」ことだけです。

たったこれだけですが、それまでとは打って変わって恐ろしいほどオシャレに見られます。昔のあなたを知っている人であれば、必ず反応が変わるはずです。

実際、昔の私を知る人であれば、男性からも女性からも「めっちゃ印象が変わったね!」といわれるようになりました。昔の服装がダサかったのもあり、私の印象がかなり良くなったのでしょう。

ビジネスカジュアルは非常に女性受けがいい

また、夏は暑くて無理ですが、秋から春にかけてはビジネスカジュアルの服装にすると外すことがありません。要は、ベストやジャケットを着用するのです。

例えば、先ほどの服の上にベストをはおると以下のようになります。

先ほどよりは、少しカッチリした印象になります。もちろん、気温が高くて暑ければこの状態から腕まくりをしても問題ありません。

また、以下のようなジャケットも私は多用しています。先ほどの長袖シャツの上に、こうしたジャケットをはおります。

交際クラブでアポを取り、初めての女性とデートするときであってもビジネスカジュアルであれば女性受けがいいです。スーツでは他の男性と同じで差別化できないため、このように「カジュアルだがビジネスっぽくてオシャレ」を目指すといいです。

服以外を変え、さらに女性受けするファッションにする

いま着ている服をすべて捨て、サイズの合った服に変えることはモテるために必須の条件です。これを実践しない限り、メールでのやり取りなどのテクニックをどれだけ磨いても無意味になります。会った瞬間に女性から「この人の服装、なんかダサい。この人とエッチするなんて考えられない」と思われてしまい、「お付き合いできない男性」のカテゴリーに入れられてしまいます。

これを避けるため、清潔感をアピールするためにファッションを意識する必要があるのです。ただ、服装を意識するとはいっても、そこまで難しいことを要求しているわけではないため、意識すれば誰でも可能だと思います。

そうして服を変えたら、今度は服以外も整えるようにしましょう。このとき、最初に意識するべきは靴です。

靴を変える

足元(靴)というと、ファッションに無頓着の人であれば何でもいいのではと考えてしまいがちです。実際、私はかつてそのように考えていました。

ただ、女性は男性の足元を非常によくみています。どれだけ服のサイズがピッタリだったとしても、靴が微妙であると女性は心の中でげんなりしてしまいます。

しかし靴はそこまで難しくなく、ビジネスカジュアルなものを選べば問題ありません。要は、ビジネスの場で履いていても問題ない無難な靴であればいいのです。

例えば、私がよく活用している靴としては以下のようなものがあります。

シンプルな服装であれば、どの場合であってもこうした靴は違和感がありません。モデルのような完璧ファッションは無理であっても、このように女性に良い印象を与える最低限の靴を揃えれば大丈夫です。

バッグと財布を変える

上下の服(長袖シャツとズボン)に加え、靴まで揃えたら次は最終段階へ移ります。それは、バッグと財布を変えるというものです。

女性とデートするとき、バッグは必須です。かつて、私は財布をズボンに入れて手ぶらで歩くのが基本でした。しかし、それではズボンが膨らんでダサく見えてしまいます。そのため、財布を含め基本はバッグの中に入れます。

モテている男性を見ると、全員が常にバッグをもって歩いていることに気が付きます。もちろん、ヨレヨレのバッグではなく、それなりのバッグです。

もちろん、服と同じようにバッグはシンプルなデザインのものにしましょう。青色、グレー、黒色など落ち着いた色のバッグがいいです。例えば、私はバッグの一つとして以下のようなものをもっています。

1万円以下の手軽なバッグですが、これで問題ありません。バッグの中に財布や携帯電話などを入れれば、女性に対して好印象を与えられるようになります。

バッグを購入した後、次は財布です。財布はあまり見せるものではありませんが、女性とデートするときは必ず男性が奢ることになります。毎回ではなくても、初回デートで男性が奢るのは必須です。

女性に食事代を奢るとき、財布を見せることになります。このとき、ショボい財布だと女性は幻滅してしまいます。そこで、それっぽい長財布をもつようにしましょう。

私の場合、以前は以下の財布を使っていました。

この財布もわりと高い値段だったため、悪いわけではありません。ただ、よりグレードが高い男性であることを女性に示すため、いまでは以下のような財布にしています。

こうした財布であれば、何も言わなくても女性に対して「自分は他の男性よりも清潔感があり、見た目にも気を使っている」ことをアピールすることができます。

女性は非常に細かい部分まで見ている

ただ、このように服装を変えたりバッグや財布まで揃えたりするとなると、それなりのお金が必要になります。そのため、ファッションに対して無頓着な人であると「そこまでして本当に効果があるのか?」という疑問が浮かびます。

しかし、まったく問題は起こりません。男性ではまったく気にしないような部分であっても、女性は非常に細かく観察しているからです。

例えば、今回の例に出した黒色の長袖シャツについて、実は以下のように肩の部分に花柄のワンポイントが入っています。おそらく、男性であればこうしたワンポイントは気にもしないでしょう。

ただ、この服を着て女性とデートしたとき、2~3割くらいの女性は「肩にある花柄がいいですね!」などのように言ってくれます。

他にも、財布を取り出したときに「高級そうな財布ですね」と伝えてくれます。

女性がわざわざ口で言ってくれているということは、心の中で「服のワンポイントがオシャレ」「財布が高級そう」などのようにつぶやいている人はその何倍もいることになります。

実際のところ、他の男性でここまで気を使っている人はいません。だからこそ、少しファッションを意識するだけで女性の反応が劇的に良くなるのです。

腕時計を含め、その他の小物は不要

ファッションを考えるうえで必要なのは、ここまで述べてきたことだけです。上下の服、靴、バッグ、財布だけを揃えれば問題ありません。交際クラブを利用している男性であれば、これだけで意中の女性を落とせたり、愛人にできたりする確率が格段に上がます。

ただ、服装であれば、他にも時計などの小物が必要に思えてきます。しかし、時計を高級なものにしようと思うと、いくらでも高級にできます。100万円以上する時計は普通なので、これについては際限がありません。

また、無駄に時計が高級だとギラギラした印象を女性に与えるため逆効果です。男性同士であれば、時計は自慢するツールになります。ただ、女性と親密な関係を築くアイテムとして時計は重要ではありません。

実際、私は腕時計をもっておらず時間の確認はすべて携帯電話だけで済ませています。

なぜ、見た目の印象が非常に重要なのか

もともと、私はファッション関係に無頓着だったわけですが、服装(見た目)を変えることで女性の反応が劇的によくなり、結果としてモテやすくなりました。単純に清潔感が向上したからです。

「人は見た目が9割」といわれますが、これは全員に共通しています。

男性であれば、女性を見た瞬間に「この女性ならエッチできる」「この女性は無理」などのように瞬時に判断します。

そしてこれは、女性も同様です。女性は男性を見たとき、無意識に「この男性とならセックスしても問題ない(=清潔感があるため、今後も付き合ってもいい)」「清潔感がなく、この人とのエッチは無理(=食事だけで終わり)」というようにカテゴリー分けをします。

女性によるこうしたカテゴリー分けが成されるとき、服装を少し意識するだけで、「エッチしてもいい男性」に分けられるようになります。女性を口説き落とすとき、見た目の印象というのはそれだけ重要なのです。

アパレル店員にコーディネートを丸投げするべき

ただ、モテる服装を実践するべきだとはいっても、かつての私のようにファッション知識がゼロの場合、自分の体型にピッタリあう服のサイズすらわかりません。

そうしたときは、迷わずにプロの手を借りるようにしましょう。私も最初のころはどのような服にすればよいのかまったく分からなかったため、プロの手を借りることにしました。

私の場合、仕事の関係で運よく「芸能人やサッカー日本代表の服を作っている人」と知り合うことができ、その人に今回の方法を教えてもらいました。また、服も選んでもらいました。

ただ、そうした知り合いが周りにいなくても問題ありません。百貨店やスーパーなど、メンズファッションの売り場に出向き、アパレルショップの店員さんに「私の体型に合う服を上下揃えたいので選んでくれないか?」とお願いするだけで大丈夫です。

もちろん、このときは「自分の体型にあうように、小さめでピッチリした服にしたい」「シンプルなデザインの長袖シャツやズボンが望ましい」ことを必ず付け加えるようにしてください。

これについては、いまでも私はアパレルショップに出向いて「店員さんに上下すべてコーディネートしてもらう作戦」を取っています。

服について熟知しているアパレルショップの店員であれば、あなたの雰囲気や印象まで考慮しながら服を選んでくれます。

靴やバッグについても同様であり、「いま着ている服に合いそうな靴を選んでほしい」などのように伝えるといいです。要は、ファッションついて詳しい専門家を頼れば大丈夫です。

ブランド物は必要ない

最後に、非常に重要なこととして「あからさまなブランド品は絶対に購入してはいけない」ことがあります。

ルイヴィトン、シャネル、コーチなど、世の中にはブランド物と呼ばれるものがたくさんあります。こうした商品の中には、独自のデザインによって、見るだけでブランド物であるとわかるものがたくさんあります。

例えば、ルイヴィトンであれば「LV」のマークが入っています。

他にも、シャネルでは「2つのC」が重なったマークですし、コーチでは「2つのC」が連なったマークです。

女性であればまだしも、男性がこうしたあからさまなブランド品をもっていると、女性から悪趣味のように思われてしまいます。無駄に高級な買い物をしたにも関わらず、女性からオシャレだとみなされないのです。これは、高級すぎる時計が逆効果なのと同じです。

男性にとってオシャレでモテるファッションというのは、「さりげなさ」がキーワードになります。本当に高級である必要はありません。それよりも、ピッチリした服やそれっぽいバッグ・財布にすることで、さりげなく大人の男性である印象を与えることが重要です。

私の場合、いまでも高級な服を着ているわけではなく、基本的には安く購入できるファストファッションです。

さすがにユニクロなどの安っぽい服は買わなくなりましたが、H&MやZARA、GAPなどはいまでも活用しています。バッグや財布にしても、いわゆるブランド品のように何十万円もするわけではありません。

ただ、最初は高くても百貨店などにあるメンズファッションの店で全身コーディネートしてもらうことをお勧めします。

一度、コーディネートを経験すれば「どのような服が自分にとってピッタリなのか」がわかるようになります。そうすれば、ファストファッションの店へ出向いたときであっても、自らの判断で体型に合う服を購入できるようになります。

面倒ならスーツにする

ここまで考えてファッションに気を配れば、確実に女性の反応は良くなります。理由は単純であり、他の男性はここまで気をつけないからです。ほとんどの人がダサいファッションまま、おじさん臭を漂わせて女性に会おうとするのです。

しかし、それでもファッションが面倒な人は多いと思います。そうしたとき、無難にスーツを着用するといいです。夏の暑い時期であっても、スーツであれば不自然ではありません。

ただ、スーツとはいってもサイズの合っていない大きなスーツを着用するのはやめましょう。ここで述べた通り、スーツを着るにしても少しサイズの小さいピタッとしたスーツを着用するのが適切です。

もっといえば、スーツにはオーダーメイドで作りましょう。「オーダーメイドは高いのでは?」と考えてしまいますが、2~3万円で作ることができます。非常に安い投資ですし、スーツは他にも活用する場面がたくさんあります。そのため、一着は必ずオーダースーツを作っておきましょう。

服装を変えれば、女性にモテるようになる

都合のいい彼女が欲しかったり、一緒に旅行してくれる愛人を作ったりするとき、女性にモテるようになる必要があります。

このとき、ファッションに対して完全に無頓着であれば、デートのときに女性を幻滅させてしまいます。交際クラブを利用する場合、どのような場合であっても最低限の清潔感を意識した服装を心がけるようにしましょう。

これができていないと、その日にセックスするどころか二回目のデートにこぎつけることさえ難しくなります。

もちろん、その年のトレンド(流行)などを追う必要はありません。そもそも、私のようにアパレルへの興味ゼロの者がファッション雑誌を読み、その年のトレンドを掴んだ服装にするのは無理があります。

そこで、どの時代であっても女性から支持されるファッションにしましょう。これについては、シンプルなデザインであり、あなたの体型に合った服を選ぶだけで問題ありません。

簡単なことではありますが、これを意識している男性は極端に少ないです。だからこそ、アパレルへの興味がまったくない私であっても、少し服装を変えるだけで女性から「オシャレですね」といわれるようになったのだと思います。

男性であれば、少しファッションを意識するだけ女性からの印象が劇的に良くなります。これは、非常に有利だといえます。他の多くの男性がダサい服装をして女性から敬遠されているなか、ちょっと意識を向けるだけで女性からモテるようになり、彼女づくりに困らなくなるからです。

服装に自信がない場合、ここまでのことを必ず意識したうえで見た目を変えるようにしましょう。それだけで、デートクラブを利用したときに女性からモテるようになります。